目・二重

目頭目尻切開

眼瞼下垂

まぶたの弛みクマ

あご

エラ

脂肪吸引

バスト

乳頭乳輪

  1. HOME
  2. 治療内容
  3. 腫れない顎削り
腫れない顎削り

腫れない顎削りは仙台中央クリニックにお任せください

腫れない顎削りの経過

顎は顔の最下部に位置することから、顎削りを行った場合、腫れの逃げ場がなく、その場にとどまる為に、腫れが長期に継続することは良く知られています。顎削りを行いたいと考えていても、腫れが続くことから、手術に踏み出せない方が多くいらっしゃいました。近年、美容外科技術の進歩により、腫れない顎削りの方法が開発され話題になっています。仙台中央クリニックで腫れない顎削りを行った方の写真を供覧して、経過をお示ししたいと思います。

顎削りのダウンタイム

顎は、手術後腫れが留まるために、長期に腫れることは仕方がないと考えられていました。その為、術後2カ月以上腫れが続くこともありました。学校を休めない、仕事を休めないなどの理由から、顎削りをやりたいと希望していても、諦めざるを得ないという場合も多々ありました。腫れない顎削りが開発され、腫れを極限まで抑えることが出来るようになりました。

手軽に顎を削りたい

エラの場合、ボトックスで簡単にエラの突出を改善させることが出来ます。しかし顎の場合、簡単に顎を縮小する方法はなく、顎削りをするしか選択肢はありませんでした。長期に休めないという方から、手軽に顎を短くする方法の開発が待ち望まれていました。

すぐに学校に行きたい

顎が出ているために学校でからかわれたり、虐めに会ったりして、不登校になる場合があります。コンプレックスを解消し、本人に自信をつけてもらうために、顎削りを行うことがあります。そのような場合は、治療後長期に学校を休めないので、腫れないで顎削りを行う必要があります。

腫れない顎削り手術

腫れない顎削りは、スピーディーで正確な美容外科技術により、腫れを極力抑える治療法です。術直後にほとんど腫れは認められませんが、手術後12~24時間は腫れをコントロールするために、包帯固定をさせてもらっています。翌日に包帯を外し、その後はフェイスバンドを着用してもらうことがあります。

腫れない顎削りのデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 内出血を生じることがあります。
  • 細菌感染を伴うことがあります。
  • 不自然な顎になることがあります。
  • 骨を切除する量には限界があります。
  • 腫れや出血予防のためにフェイスバンドを着用してもらうことがあります。

腫れない顎削りのビフォーアフター症例写真

16歳、女性。腫れない顎削りの術後経過
16歳、女性。腫れない顎削り

症例経過

顎が長く飛び出していることを気にしていた症例です。顎削りを希望して仙台中央クリニックに御相談頂きました。診察したところ、顎が長く前方に突出していました。顎削りを行った後にすぐに学校に行きたいということで、腫れない顎削り手術を行いました。術後ほとんど腫れもなく、顎短縮効果が認められました。上の組み写真は、手術前、手術後7日目、14日目、35日目の状態を比較しました。手術後7日目には腫れはごく軽度で既に顎の短縮が分かります。下の組み写真は術前と手術後35日後を比較しました。顎の前方および下方の突出が改善し、顔の輪郭が女性的になったことが分かります。

症例解説

顎が長いために、顎削りを行いたいが腫れが気になり手術に踏み出せない方が多くいらっしゃいます。近年美容外科の進歩により、腫れない顎削り手術が開発され話題になっています。腫れがほとんど無い為に、手術後長期のダウンタイムを経ることがなく、早期に社会復帰できます。数日休みで治療を行い、マスクで隠して学校や仕事に戻ることも出来るので、お忙しい方から大きな支持を頂いています。腫れない顎削りは細菌感染を伴うリスクがあります。術前に十分説明を受けてください。