目・二重

目頭目尻切開

眼瞼下垂

まぶたの弛みクマ

あご

エラ

脂肪吸引

バスト

乳頭乳輪

  1. HOME
  2. 治療内容
  3. 顔の脂肪吸引
顔の脂肪吸引

顔の脂肪吸引は仙台中央クリニックにお任せください

顔の脂肪吸引

顔の脂肪を減らすためには、脂肪吸引が有益です。顔の脂肪は自己努力でほとんど変化がありません。何カ月も努力しても成果が得られず、リバウンドを繰り返す方が多くいらっしゃいます。顔の脂肪吸引は1日で終了し、日帰りが可能です。顔の脂肪吸引により、大きな顔痩せ効果が期待できます。

ダイエットにより顔の脂肪を減らす

顔の脂肪をダイエットで解消しようと努力する方が多数いらっしゃいます。しかし顔の脂肪をダイエットで減らすのは非常に困難です。急激なダイエットによりバストのボリュームが減り、シワシワになることがあり、注意が必要です。

リンパマッサージにより顔の脂肪を減らす

顔のリンパマッサージを行うことにより、停留しているリンパ液が排出され、顔が小さくなり、顎のラインがスッキリします。しかし効果は一時的で、数時間するとまた元に戻ってしまいます。何回もマッサージを行っても永続的な効果は期待できず、一時的な変化を繰り返すのみです。マッサージで得られるのは、リラックス効果のみで、顔痩せ効果はありません。

脂肪吸引で顔の脂肪を減らす

脂肪吸引は短時間で、顔の脂肪を減らすことが出来ます。手術直後は腫れますが、経過と共に、効果が現れ、顔がスッキリして効果が現れます。劇的な効果を期待する場合には、ホホ、顎、頸部の広い範囲で脂肪吸引する必要があります。腫れを出来るだけ早く減らす目的で、術後数日間は包帯固定を行い、その後はフェイスバンドを着用することをお勧めしています。

顔の脂肪吸引

顔の脂肪吸引は、耳垂の直下や顎の下の少切開から、行います。チューメセント法が一般的であり、最初に希釈した局所麻酔液を注入し、皮下脂肪を乳化します。その後丁寧に乳化された皮下脂肪を吸引します。顔の脂肪は皮下浅層に貯留することが多く、腹部などの脂肪と比較し吸引しづらいので難易度が高い治療になります。

顔の脂肪吸引のメリット

顔の脂肪が取れると、頬から顎にかけてのラインが綺麗になるために、顔が小さくスッキリして見えます。また顎の脂肪がなくなるために、顎が切れ上がって顔つきが理知的になります。下顔面の皮膚もリフトアップできるので若返り効果もあります。

顔の脂肪吸引の注意点

顔の脂肪吸引は、下顔面から顎首の部位から脂肪を吸引します。頸部の大血管や気管に近く、注意が必要になります。出血が多い場合や腫れが強い場合には、血管や気管を圧迫するために、術後はきちんと圧迫固定をして安静にしている必要があります。

丸顔修正のデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 内出血を認めることがあります。
  • 皮下血腫を伴うことがあります。
  • 細菌感染を伴うことがあります。
  • 左右差を認めることがあります。
  • 腫れが持続することがあります。
  • 皮膚の凹凸を認めることがあります。
  • 皮膚の陥没を生じることがあります。
  • 頸部の血管を損傷する可能性があります。

顔の脂肪吸引ビフォーアフター症例写真

32歳、女性。顔の脂肪吸引

症例経過

顔の脂肪が多くダイエットを繰り返した症例です。ダイエットが上手くいかないので脂肪吸引に賭けようという気持ちになり仙台中央クリニックに御相談頂きました。診察したところ、下顔面から顎、首の前面にかけて脂肪が貯留し、膨らんで下垂していました。顔の脂肪吸引を行い、顔が小さくなり、痩せて見えるようになりました。

症例解説

顔の脂肪は、下顔面や顎に付くことが多く、下膨れに見える、二重顎に見える、顔が大きく見えると悩む方がいらっしゃいます。多くの場合でダイエットは効果がなく失敗を繰り返すようです。中には限界までダイエットしたところ、顔の脂肪は減ったがバストの脂肪も落ちて、胸がシワシワになったと御相談頂きます。自己努力で効果がないために、脂肪吸引に賭けてみたいという方が多くいらっしゃいます。顔の脂肪吸引は比較的短時間で終了し、院内で少し休んで帰宅できます。数か月の経過で顔が小さくなり若返ることが出来喜ばれています。顔の脂肪吸引は皮下血腫のリスクがあります。術前に十分説明を受けてください。