目・二重

目頭目尻切開

眼瞼下垂

まぶたの弛みクマ

あご

エラ

脂肪吸引

バスト

乳頭乳輪

  1. HOME
  2. 治療内容
  3. 小鼻縮小
小鼻縮小

小鼻縮小は仙台中央クリニックにお任せください

小鼻縮小

小鼻が張り出し、鼻が横方向に突出している状態を改善させる手術を、小鼻縮小と言います。日本人は欧米人と比較して、鼻が横に広がっていることが多く、老けて見えると共に、意地悪に見えることがありますが、小鼻縮小を行うことにより、表情が若返り、上品になります。

小鼻縮小内側法と外側法の違い

鼻の状態により切除する部分が変わってきます。内側法は傷が目立たないけれど効果が少ない、外側法は傷が目立つけれど効果が高いと信じておられる方が多いのですが、これは誤りです。鼻の形により切除する部位が異なりますので、どこを切るかは本人の鼻の形により変える必要があります。一般的には、鼻の横幅が広い場合には、内側法を行い、小鼻がの張り出しが強い場合には、外側法を行います。

鼻幅を狭くする

鼻幅は、目と目の間の幅を超えないのが理想です。目と目の間の幅を超えると鼻が横に広がって大きく見え、印象が悪くなります。

小鼻縮小のメリット

小鼻縮小を行うことにより、横に広がったダンゴ鼻が、すっきりとした欧米人型の鼻になります。また小鼻縮小は、老け顔を若返らせる効果があります。暗い印象を上品で理知的なイメージに変えます。

小鼻縮小のデメリット

小鼻縮小は、種々の方法が開発されています。方法によっては効果が出難い方法があり注意が必要になります。効果が出にくい方法で行った場合、効果がないばかりか傷だけが目立つこともあります。

小鼻縮小手術

小鼻や鼻孔底の皮膚を切除して、小鼻を縮小する方法です。現在の鼻の形と、希望の鼻の形を考慮して、小鼻の切開範囲を決めます。切除部位を決定したら、局所麻酔を行い、小鼻の皮膚を舟状に切除します。切除した両側の皮膚を引き寄せて縫合します。

小鼻縮小の他院修正

小鼻縮小をしたのに変わらない、もう少し切ってほしい、不自然な鼻になった、鼻の手術をしたことがバレバレ、などの状態になり修正を希望される方がいらっしゃいます。多くの場合で修正できますが、修正できないこともあります。

小鼻縮小のデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 腫れが目立つことがあります。
  • 内出血を認めることがあります。
  • 細菌感染を伴うことがあります。
  • 鼻の穴が変形することがあります。
  • 傷が目立つことがあります。
  • 不自然な鼻になることがあります。

小鼻縮小ビフォーアフター症例写真

29歳、女性。小鼻縮小

症例経過

鼻が横に広がっている症例です。鼻が大きく見えて印象が悪いので、仙台中央クリニックを受診していただきました。診察したところ、小鼻が横に広がり、鼻の穴が目立っていました。小鼻を縮小して鼻の横方向への突出を減らしました。ダンゴ鼻が改善され、鼻の印象が良くなりました。

症例解説

鼻が横に広がっているタイプの方は、小鼻縮小が適応になります。小鼻を切除して、鼻の張り出しを改善させます。鼻のタイプにより、小鼻の切開する部位を変える必要があり、種々の術式が開発されています。適切な切除を行わないと、変化が見られない、不自然な鼻になったということも起こりますので注意が必要です。適切な切除により、細く自然な鼻が形成されます。小鼻縮小は傷が目立つリスクがあります。術前に十分説明を受けてください。