目・二重

目頭目尻切開

眼瞼下垂

まぶたの弛みクマ

あご

エラ

脂肪吸引

バスト

乳頭乳輪

  1. HOME
  2. 治療内容
  3. 顎が出ている
顎が出ている

顎が出ている治療は仙台中央クリニックにお任せください

顎が出ている

顎が出ていると、威張って、しゃくれて見え、醜形をきたします。顔のバランスが崩れるので、治療を希望されます。エラは咬筋にボトックス注射をすることで簡単に小さくできますが、顎は下顎骨を削る必要があり、プチ整形では治療が出来ません。

顎が前方に出ている

顎が前に出ている場合、しゃくれている印象が強くなります。醜形が強くなり、学校でからかわれたり、苛められたりすることがあります。不登校になっている場合には、精神的ケアが必要になります。顎を削ることにより顔のバランスが取れて、症状が改善します。

顎が下方に出ている

顎が下方向に突出していると、顔が長く見えます。顔が大きく厳つく見えるので、特に女性は、嫌がります。最近の小顔ブームにより顎が出ていることを気にされる方が増えています。顎を削ることにより、顔が丸く小さく見えます。

顎削り、顎骨切り

どの方向に顎が出ているかを十分考慮して、顎を切る必要があります。方向を誤ると効果がないばかりか、却っておかしく見えることもあります。正面、斜位、側面からどのように見えるかを立体的に把握し、長軸を短くするように骨切りを行います。

顎を切る手術の実際

顎を切る手術は、人工的に骨折を起こす手術になります。飛び出している部分に骨折を起こし、下顎骨を切除します。これまでは腫れや痛みが強い為に、治療を躊躇する方もいらっしゃいました。しかし近年、腫れない治療が開発され、手術を希望する方が大幅に増えました。操作はすべて口腔内から行うため傷は目立ちません。マスクで隠す事により仕事や学校を休まなくても手術が出来ます。

顎を切る手術のデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 腫れを認めることがあります。
  • 内出血を生じることがあります。
  • 細菌感染を伴うことがあります。
  • 不自然な顎になることがあります。
  • 骨を切除する量には限界があります。
  • 腫れや出血予防のためにフェイスバンドを着用してもらうことがあります。

顎を切る手術のビフォーアフター症例写真

27歳、男性。顎が出ている、顎削り、顎骨切り

症例経過

顎が出ている症例です。顔のバランスが悪いことを気にして仙台中央クリニックに御相談頂きました。診察したところ、顎が前方および下方に突出し、顔が大きく厳つく見えました。口腔内アプローチにより下顎骨の骨切りを行い、顎の突出を改善させました。

症例解説

顎が長いと顔のバランスを欠いて醜形をきたすことがあり、治療を希望される方が多くいらっしゃいます。突出が強い場合は、からかわれたり、苛められたりすることがあり、事態は深刻です。しかし近年、腫れない顎削りが開発され、ダウンタイムが短縮され、治療が手軽になりました。短期休みで治療が可能です。顎が出ている治療は細菌感染を伴うリスクがあります。術前に十分説明を受けてください。