目・二重

目頭目尻切開

眼瞼下垂

まぶたの弛みクマ

あご

エラ

脂肪吸引

バスト

乳頭乳輪

  1. HOME
  2. 治療内容
  3. 埋没法の食い込みが浅い
埋没法の食い込みが浅い

埋没法の食い込みが浅い場合は仙台中央クリニックにお任せください

埋没法の食い込み

埋没法を行ったものの食い込みが浅い、ラインがくっきりしていない、目がパッチリしていないので綺麗なラインを付けてほしいという他院修正のお問い合わせをいただいています。

食い込みが浅い

二重整形とは、上まぶたの皮膚を折り込んで目をパッチリさせる手術です。二重の食い込みが浅いと、目がぼんやりして、パッチリ目にはなりません。

食い込みが緩い

埋没法は緩むことがあります。手術直後は、二重の食い込みが良くパッチリ目であったのに、年月が経過して、食い込みが緩くなった場合には、再手術が必要になります。

目が開き難い

ラインの食い込みが浅い場合には、目が開き難くぼんやりした目になります。パッチリした目を作りたいということであれば、食い込みを深くする必要があります。

食い込みが浅い原因

上まぶたの皮膚を折り込んでクッキリした二重にするためには、上まぶたの皮膚と瞼板や眼瞼挙筋との間に癒着を形成する必要があります。癒着が弱いと、二重は折り込まれず、食い込みが浅くなり、目はパッチリしません。また眼瞼下垂の状態でも食い込みが浅くなります。食い込みを強くするために眼瞼下垂の手術を併用する場合もあります。

埋没法による食い込みの修正

埋没法で再度ラインを固定することで、強い癒着が形成され食い込みが強くなります。簡単な方法である為に、良く行われています。埋没法による再固定は、年月を経過して徐々に食い込みが弱くなった場合には効果がありますが、手術後早期から食い込みが浅い場合には、効果がないことが多く、切開法による治療も考慮に入れる必要があります。

切開法による食い込みの修正

埋没法の再固定で、二重の食い込みが強くならない場合は、切開法により治療を行う必要があります。適切な二重ラインを設定し、切開することにより強い癒着を形成することにより、食い込みが深くなります。

食い込みが浅い修正のデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 傷が目立つことがあります。
  • 傷の赤みが続くことがあります。
  • 細菌感染を伴うことがあります。
  • 左右差が出ることがあります。
  • 眠そうな目に見えることがあります。
  • 不自然な二重になることがあります。

食い込みが浅い修正のビフォーアフター症例写真

33歳、男性。埋没法の食い込みが浅い

症例経過

4年前と3年前に、他院で戻り難い二重手術を行った症例です。食い込みが浅くて目がパッチリしていないということで仙台中央クリニックに御相談頂きました。診察したところ、両目ともラインの食い込みは浅く、開眼状態が不良で目はパッチリしていませんでした。埋没法では限界があると判断し、切開法により二重を設定して、クッキリしたパッチリ目を作製しました。

症例解説

埋没法を行ったが食い込みが浅くて、目がパッチリしていないという御相談を頂いています。食い込みが浅い目は、ぼんやりして眠そうに見えます。ラインがクッキリ引き込まれるように癒着を形成して、パッチリ目を作る必要があります。ラインの状態により、埋没法で修正が可能な場合もありますが、切開法が必要になる場合もあります。食い込み修正は左右差を認めるリスクやデメリットがあります。術前に十分説明を受けてください。