目・二重

目頭目尻切開

眼瞼下垂

まぶたの弛みクマ

あご

エラ

脂肪吸引

バスト

乳頭乳輪

  1. HOME
  2. 治療内容
  3. 切らない眼瞼下垂
切らない眼瞼下垂

切らない眼瞼下垂は仙台中央クリニックにお任せください

切らない眼瞼下垂

眼瞼下垂の治療は、一般的に、上まぶたを切開して眼瞼挙筋短縮または腱膜の前転が行われています。しかし近年、切らない眼瞼下垂が開発され、切らないで眼瞼下垂の治療を行いたいと希望される方が増えています。

眼瞼下垂とは

上まぶたを拳上する眼瞼挙筋の筋力が弱いために、目が開き難い症状を眼瞼下垂と言います。視界が狭くなり、視野を確保しようとして、顎を突き出したような特有の姿勢を呈することがあります。また筋緊張が強くなり、肩こりや眼痛、めまいを伴うことがあります。

保険による眼瞼下垂治療

上まぶたが瞳に被り、視野が確保できない場合は、保険による眼瞼下垂治療の適応になります。保険による眼瞼下垂治療は、保険により料金が補填されますので料金が格安であるという利点があります。料金が安いために比較的手軽に治療を依頼する方が多いようです。しかし治療の主眼は、視野の改善に置かれており、美容面をあまり考慮してもらえないので、術後美容面をもう少し改善したいと希望しても断られることが有る欠点があります。また入院を要することが有ること、頻回の通院を必要とすること、腫れが大きいことなどのデメリットがあります。

眼瞼下垂の治療

眼瞼下垂は、従来の切開式手術法と新規開発された非切開式手術法の2種類に分類されます。切開式手術法は、多くの眼瞼下垂に適応する方法です。上まぶたを切開し、眼瞼挙筋に達し、筋肉を吊り上げることにより目の開きを改善させます。安定的な効果を期待できますが、切開を伴うために怖いなどの理由から嫌がる方もいらっしゃいます。それに比し非切開式の切らない手術法は、切開せずに糸により眼瞼挙筋を引き上げる方法です。メスを使わないために、多くの方から受け入れてもらい易いメリットがあります。しかし重症の眼瞼下垂症例に対しては効果がない場合があり、適応が限定されます。また眼瞼挙筋の筋力の微調整が必要なことがあり、症例によっては豊富な経験を要する手術です。

切らない眼瞼下垂のメリット

切開式の切る眼瞼下垂手術は、切開を伴うため嫌がる方がいらっしゃいます。それに比し非切開式の切らない手術法は、メスを使わないために患者さんに受け入れてもらい易く、手軽であるというメリットがあります。

切らない眼瞼下垂のデメリット

切らない眼瞼下垂は、軽症の眼瞼下垂に対して大きな効果を示しますが、重症の眼瞼下垂症例に対しては適応がない場合があり、効果が限定されます。また眼瞼下垂の程度に左右で差がある症例では、開眼状態を左右で調整することが難しく、左右差を生じるデメリットがあります。

切らない眼瞼下垂の術後経過

切らない眼瞼下垂は切開を伴わないために、腫れが少なくダウンタイムが短縮されます。手術中に目に力を入れた場合には、腫れが誘発されることがあり、手術をできるだけリラックスした状態で受けることが必要になります。また手術後長時間下を向いていると、腫れが強くなることがあり、数日間は下を向く作業は中止するのが無難です。術後数日の間、目の違和感を認めることがありますが、多くの場合1~2週間で改善します。

切らない眼瞼下垂のデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 糸が出てくることがあります。
  • 細菌感染を伴うことがあります。
  • 左右差を認めることがあります。
  • 腫れを伴うことがあります。
  • 目の違和感が続くことがあります。

切らない眼瞼下垂ビフォーアフター症例写真

20歳、女性。切らない眼瞼下垂

症例経過

目が開き難く眠そうに見えることを気にしていた症例です。目を開き易くしたいと希望して仙台中央クリニックに御相談いただきました。診察したところ、目が開き難く、眉毛を拳上するようにして視野を確保していました。眼瞼下垂と考えられましたが、切りたくないという希望が強く、切らない眼瞼下垂を行いました。ほとんど腫れもなく、手術直後から目がパッチリ開きました。

症例解説

眼瞼下垂は眼瞼挙筋の筋力が弱い為に、開眼し難く視野が限定される症状です。視野を確保するために常に筋緊張状態になり、肩こり頭痛を伴うことがあります。眼瞼下垂症状を改善することで目が大きく開き、筋緊張が緩和され肩こりや頭痛も改善します。従来では眼瞼下垂に対し切る手術が行われていましたが、近年切らない手術が開発され、治療が手軽に行われるようになりました。切らない眼瞼下垂は左右差を生じるリスクがあります。術前に十分説明を受けてください。

24歳、女性。切らない眼瞼下垂

症例経過

開眼障害があり目が小さいことを気にしていた症例です。目を開き易くして、パッチリ目になりたいと希望し仙台中央クリニックに御相談いただきました。診察したところ、眼瞼下垂により上方の視野が制限され、視野を確保しようと筋肉が緊張状態になっていました。眼瞼下垂と考えられましたが、切りたくないという希望が強く、切らない眼瞼下垂を行いました。腫れることもなく、手術直後から目がパッチリ開き、筋肉の緊張も改善されました。

症例解説

眼瞼下垂は眼瞼挙筋の筋力が弱い為に、開眼し難く視野が限定される症状です。視野を確保するために常に筋緊張状態になり、肩こり頭痛を伴うことがあります。眼瞼下垂手術によりパッチリ目になり、肩こりや頭痛などの身体症状も改善します。切らない眼瞼下垂は、特に軽症の眼瞼下垂に対して有効で頻用されています。ダウンタイムも短く、治療が手軽に行われるようになりました。切らない眼瞼下垂は細菌感染のリスクがあります。術前に十分説明を受けてください。