目・二重

目頭目尻切開

眼瞼下垂

まぶたの弛みクマ

あご

エラ

脂肪吸引

バスト

乳頭乳輪

  1. HOME
  2. 治療内容
  3. 予定外線・予定外重瞼線
予定外線・予定外重瞼線

予定外線・予定外重瞼線の修正は仙台中央クリニックにお任せください

予定外線・予定外重瞼線とは

本来の重瞼線以外に出来るラインを予定外線・予定外重瞼線と言います。開眼障害が生じ眠そうな目になります。老け顔になることもあります。片目だけに予定外線が生じると、目の大きさに左右差が出るために顔のバランスが崩れ印象が悪くなります。

予定外線・予定外重瞼線の症状

三重瞼になると、目が開き辛くなり、表情がぼんやりして、疲れて見えます。老けて見えることもあります。また目を開けようと、筋肉が常に緊張状態になるために、頭痛や肩こり、眼痛などを伴うこともあります。

予定外線・予定外重瞼線の種類

予定外線・予定外重瞼線は、加齢により起こる場合と、二重整形後に起こる場合があります。加齢により起こる場合は、皮膚の弛みが主原因です。もう歳だからと諦めて治療を希望されない方が多いようです。二重整形後の予定外線は、手術による癒着形成が原因になります。せっかく二重手術をしたのに綺麗になっていない、前の方が良かったという理由から治療を希望される方が多くなります。

加齢による予定外線・予定外重瞼線

加齢による予定外線・予定外重瞼線は、上まぶたの弛みが大きな原因です。弛みが軽度である場合には埋没法で皮膚をたくし上げることで比較的簡単に治療することが出来ます。埋没法でラインがまとまらない場合には、切開法による治療が必要になります。

二重整形後の予定外線・予定外重瞼線

二重整形後に予定外線・予定外重瞼線を生じた場合は、不要な癒着が生じていることが主な原因として考えられます。また眼瞼挙筋の力が上眼瞼に伝わらない、ラインが不適切な位置に設定されているなどの原因も考えられます。治療の難易度が高くなります。埋没法で留め直しをすると改善する場合もありますが、加齢による場合と比較し治らないことが多くなり、切開法を行い、症状を見ながら原因を1つずつ改善させていく治療が必要になります。難易度が非常に高い治療になります。

埋没法による予定外線・予定外重瞼線の修正

予定外線のラインが薄く、症状が軽い場合には、希望のラインを埋没法で強く固定することで、予定外線を修正することが出来ます。どうしても切開したくないという方や加齢性予定外線に適応する治療法です。この方法は、手技が簡単であるために安易に行われる傾向があります。埋没法で固定しても上のラインが消えない場合は何度も埋没法を繰り返しても無用なことが多く、切開法に移行しなければいけません。埋没法を何度も繰り返すと、その後に行われる切開法の難易度が更に高くなってしまいます。場合によっては治療が出来なくなることもあります。そのことを十分理解して適応を決める必要があります。

切開法による予定外線・予定外重瞼線の修正

予定外線の修正は、切開法が一般的な治療法です。ラインの上方に生じた不要な癒着を解除し、希望する二重のラインを強く固定し、ラインが綺麗に出るように調整します。二重のライン設定が適切でない場合には、ラインの変更が必要になることもあります。手術中に何度も確認して、開眼状態を良好に調整します。

予定外線・予定外重瞼線修正のデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 傷が目立つことがあります。
  • 傷の赤みが続くことがあります。
  • 細菌感染を伴うことがあります。
  • 左右差が出ることがあります。
  • 眠そうな目に見えることがあります。
  • 不自然な二重になることがあります。

予定外線・予定外重瞼線修正のビフォーアフター症例写真

21歳、女性。二重整形後の予定外線・予定外重瞼線

症例経過

3年前に他院で埋没法を行った症例です。術後、予定外線が生じ、目が開き難くなってしまいました。印象の良い目になりたいと、予定外線の修正を希望して仙台中央クリニックに御相談頂きました。診察したところ、埋没法により設定をした上方に予定外線が生じ、開眼障害により眠そうに見えました。切開法により予定外線の修正を行いました。ラインがまとまり、目が大きく開くようになりました。表情が生き生きとして若々しくなりました。

症例解説

予定外線は、本来のライン以外に不要なラインが生じ、目が重くなり表情が悪くなる状態です。二重整形後にしばしば見られ、修正を希望される方から御相談を頂いています。多くの場合、切開法での治療が必要になります。前回の二重整形で生じた不要な癒着を剥がし、適切な位置に重瞼線を設定することにより、ラインが纏まり開眼障害が改善します。予定外線の治療は左右差を認めるリスクがあります。術前に十分説明を受けてください。

45歳、女性。加齢による予定外線・予定外重瞼線

症例経過

もともと綺麗な二重だった症例です。加齢に伴い本来の重瞼線以外のラインが生じ、眠そうな目になったので、印象の良い目になりたいと、仙台中央クリニックに御相談頂きました。診察したところ、上瞼が弛み本来の重瞼線以外にラインが認められ、開眼状態が悪くなっていました。切りたくないと希望されたために、埋没法により弛みをたくし上げて予定外線を消しました。ラインが纏り、目が大きく開くようになりました。以前のような元気な表情になりました。

症例解説

予定外線は、本来のライン以外に不要なラインが生じる状態です。加齢によって上まぶたの弛みが強くなると、予定外線が生じ、眠そうな目になります。どうしても切りたくないという場合は、埋没法で修正できる場合があります。上瞼の皮膚を埋没法によりたくし上げることにより、重瞼ラインが1本に纏り、予定外線が消え、目が開き易くなって印象の良い表情になります。簡単な治療を希望される方に喜ばれています。予定外線の治療は左右差を認めるリスクがあります。術前に十分説明を受けてください。