目・二重

目頭目尻切開

眼瞼下垂

まぶたの弛みクマ

あご

エラ

脂肪吸引

バスト

乳頭乳輪

  1. HOME
  2. 治療内容
  3. クビレ作製脂肪吸引
クビレ作製脂肪吸引

クビレ作製脂肪吸引は仙台中央クリニックにお任せください

クビレとは

クビレとは一般的にウエストのクビレを指します。細く引き締まったクビレは女性の憧れです。クビレにより女性の魅力が倍増します。

不摂生をしてお腹が膨らんだ

食事量が増えた、深夜に食事を摂るようになった、運動をしなくなったなどの理由で簡単にお腹が膨らんできます。お腹が出ていて、ウエストのクビレがない女性は、たとえ胸が大きくても魅力が半減します。一度お腹が膨らむと、元に戻すのは並大抵の努力では不可能です。

ダイエットによりクビレ作製

ダイエットで解消しようするのはとても大変です。引き締まったクビレを作るためには、バストが収縮して、シワシワになるまでダイエットしなければならないことが多く、ダイエットを中止する方もいらっしゃいます。

マッサージによるクビレ作製

ウエストのマッサージを行うことにより、停滞しているリンパ液の循環が改善し、ウエストが細くなります。しかし、マッサージの効果は一時的で数時間するとまた元に戻ってしまいます。元に戻ってしまうために、確実なクビレ作製法とは言えません。

脂肪吸引によるクビレの作製

クビレ作製のために最も効果的な方法は、脂肪吸引です。何度もダイエットしても、失敗したクビレが自己努力なく、他力本願にて作製されます。

クビレ作製脂肪吸引

クビレ作製のためには、前面からウエストの脂肪を吸引するとともに、後面から骨盤上の脂肪を吸引する必要があります。その為通常のお腹の脂肪吸引と比較して時間を要します。術後は内出血を軽減させるために圧迫包帯にて固定します。その後ウエストニッパーを着用してもらい、腫れを予防します。脂肪吸引の方法や吸引の量により、皮膚のデコボコや陥没が生じることがあるために、難易度が高い治療になります。

クビレ作製脂肪吸引のメリット

クビレが作製されると、スタイル抜群に見えます。胸のボリュームに変化はなく、ウエストだけ締りますので、非常に喜ばれます。「スタイル抜群で羨ましいと言われとても嬉しい。」と言われる方もいらっしゃいます。数年前には着られていて、太って着られなくなったタイトな服が着られるようになります。太っていた時の服がぶかぶかになり、「新しい服を買わなきゃ。」と、嬉しい悲鳴を上げる方もいらっしゃいます。

クビレ作製脂肪吸引のリスク

クビレ作製のためには、根こそぎ脂肪吸引が必要になります。無理な脂肪吸引をすると、腹部臓器を損傷する可能性が知られており注意が必要です。局所麻酔による治療は痛みを伴うために、静脈麻酔、硬膜外麻酔、全身麻酔を併用することが有益です。

クビレ作製脂肪吸引のデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 血腫を伴うことがあります。
  • 細菌感染を伴うことがあります。
  • 腫れを伴うことがあります。
  • 皮膚の凹凸を認めることがあります。
  • 皮膚の陥没を生じることがあります。
  • 腹腔内臓器を損傷する可能性があります。
  • 腹部神経障害を認めることがあります。

クビレ作製脂肪吸引ビフォーアフター症例写真

20歳、女性。クビレ作製脂肪吸引

症例経過

お腹、ウエストに脂肪が付き易く悩んでいた症例です。クビレを作りたいという御希望で仙台中央クリニックに御相談いただきました。診察したところ、お腹に脂肪が付いているために寸胴型に見えました。腹部ウエストの脂肪吸引を行い、クビレを作製することで、スタイルが良くなりました。

症例解説

ウエストのクビレがないと寸胴型の幼児体型に見えます。クビレを作ることによりナイスバディに変わることが出来ます。クビレを作るダイエットは容易ではなく、バストが小さくなり中止したり、ダイエットが失敗してリバウンドしたりします。その為、クビレ作製のためには、脂肪吸引が最も有益な方法です。クビレが作製されると、ウエストの引き締まった洋服を着られるようになった、スタイルが良いと褒められるようになった、洋服を買う時にウエストが細いので吃驚される、など喜ばれます。クビレの作製脂肪吸引は腫れが長期に続くリスクがあります。術前に十分説明を受けてください。