目・二重

目頭目尻切開

眼瞼下垂

まぶたの弛みクマ

あご

エラ

脂肪吸引

バスト

乳頭乳輪

  1. HOME
  2. 治療内容
  3. 妊娠出産授乳後の乳頭縮小
妊娠出産授乳後の乳頭縮小

妊娠出産授乳後の乳頭縮小は仙台中央クリニックにお任せください

妊娠出産授乳による乳頭肥大

妊娠出産授乳後に乳首が大きくなることは珍しくありません。しかしその程度が大きい場合、コンプレックスを抱えることになります。人に見せられないので温泉や旅行に行けない、プールで着替える時恥ずかしい、と悩むこととなります。

妊娠出産授乳後に乳首が大きくなった

授乳中は一時的に胸が張り、胸が大きくなります。しかし授乳後は、胸の大きさが急速に小さくなり、授乳前より縮むこともあります。乳首が大きくなり、胸が小さくなると、乳首と胸の大きさのバランスが崩れ、乳首の大きさが目立つようになります。

妊娠出産授乳後に乳首が変形した

妊娠出産授乳後に乳首の形が変形することがあります。丸かった乳首の形が歪になったり、凹凸を帯びたりします。雪だるま状に2段になることもあります。

妊娠出産授乳後に乳首が下を向いた

妊娠出産授乳後に乳首が伸びて下を向くことがあります。乳首が下を向くと胸が劣化した印象が強くなり、人に見せられないと思い悩む方がいらっしゃいます。

妊娠出産授乳後の乳頭縮小

妊娠出産後の乳頭縮小手術は、乳首が大きくなっただけでなく、変形や下垂を伴うことがあり、難易度が高くなることがあります。本人がどこをどのように修正したいか希望を伺って、希望に近付ける治療になります。

乳頭縮小後の授乳

乳首を縮小した後、授乳が出来なくなるのではないかと心配される方がいらっしゃいます。乳頭縮小には、乳管を切開するため授乳が出来なくなる乳管切開法と、乳管を温存し授乳が可能な乳管温存法の2種類があります。乳頭縮小後、妊娠の可能性がある方は、乳管温存法を選択していただくのが良いでしょう。乳管温存法は、授乳は問題ありませんが、乳乳管切開法に比較し、手術の難易度が高いという特徴があります。乳管温存法を希望する場合は、手術前に治療後授乳が出来るかどうか確認し、乳管温存法に対応している医師に手術を依頼することが必要です。

乳頭縮小の問題点

乳頭縮小では美容的な側面が重要視されます。少なくとも授乳前の大きさに戻りたい、授乳前より小さくしたい、出来る限り小さくしたい、若々しい乳首にしたい、綺麗な乳首にしたいなど、本人の希望を聞いて、治療に反映させていきます。

乳頭縮小の他院修正

他院で乳頭縮小を行い、希望通りでないので再手術を行いたいというお問い合わせをいただいています。手術後、乳首の大きさが変わっていないのでもう少し乳首を小さくしたい、乳首が小さくなりすぎて乳房に埋まっている、傷が目立つ、乳首の形が不自然、などの症状は再手術で改善できることが多く、治療を受け付けています。治療可能かどうかの最終判断は医師が行いますので、診察を受けていただくことになります。

妊娠出産授乳後の乳頭縮小のメリット

乳頭が小さくなることで、温泉や旅行に気兼ねなく行くことが出来るようになります。乳頭が綺麗になると胸全体が若返るので、精神的に若返り、晴れ晴れとした気分になります。

妊娠出産授乳後の乳頭縮小のリスク

乳頭は根元から血液が供給されています。血液供給を考えて手術を行わないと、乳頭が血流不全になることがあり注意が必要です。

妊娠出産授乳後の乳頭縮小のデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 内出血を認めることがあります。
  • 細菌感染を伴うことがあります。
  • 腫れを生じることがあります。
  • 傷が目立つことがあります。
  • 乳首の感覚障害を認めることがあります。
  • 乳頭の血流不全を起こすことがあります。
  • 傷が離解することがあります。

妊娠出産授乳後の乳頭縮小ビフォーアフター症例写真

34歳、既婚女性。妊娠出産授乳後の乳頭縮小、乳頭下垂

症例経過

子供2人を授乳で育てた症例です。授乳後乳頭が大きくなって恥ずかしくて人に見せられないので、仙台中央クリニックに御相談頂きました。診察したところ、乳頭は肥大して形が歪になっていました。また引き伸ばされ下垂していました。今後出産の可能性がゼロではないということで、乳管温存法により乳頭縮小を行いました。乳首が綺麗になり、胸が若返りました。

症例解説

妊娠出産授乳後、乳首が大きくなり人に見せられないと悩んでいる方が多くいらっしゃいます。子供の手が離れて、友達に温泉や旅行に誘われても断っているようです。乳頭を縮小することで、胸全体が若返るので、精神的にも若くなった、気持ちが晴れたと喜んでいただけます。妊娠出産授乳後は、乳首が変形を伴いサイズが大きくなる傾向があり、治るだろうかと心配されて受診される方が多いのですが、変形が強い場合でも多くの場合で修正は可能ですので御相談頂きたいと思います。乳頭縮小は細菌感染のリスクがあります。術前に十分説明を受けてください。