目・二重

目頭目尻切開

眼瞼下垂

まぶたの弛みクマ

あご

エラ

脂肪吸引

バスト

乳頭乳輪

  1. HOME
  2. 治療内容
  3. 三重瞼の修正
三重瞼の修正

三重瞼の修正は仙台中央クリニックにお任せください

三重瞼とは

本来の二重の上にラインが出来る状態を、三重瞼と言います。目が開き難くなりぼんやりした表情になります。片目だけ三重になると左右差により顔の印象が大きく崩れます。その為、治療を希望される方がいらっしゃいます。

三重瞼の分類

三重瞼は、老化で起こる場合と二重整形後に起こる場合の2つのタイプがあります。老化で三重瞼になった方は、もう歳だからと諦めている方が多いようですが、二重整形後に三重瞼になった方は、修正を希望されることが多くなります。三重瞼の治療を引き受けてくれるクリニックは少なくクリニックを転々としたり、修正地獄になったりする場合もあります。

三重瞼の症状

三重瞼になると、目が開き辛くなり、表情がぼんやりして、疲れて見えます。老けて見えることもあります。また目を開けようと、筋肉が常に緊張状態になるために、頭痛や肩こり、眼痛などを伴うこともあります。

二重整形後の三重瞼

二重整形後に三重瞼になることがあります。本来設定したラインの上にもう1本のラインが生じ、不自然な目になった、前の方が良かったということで御相談頂きます。三重瞼の治療を希望するということであれば、術後の癒着が形成される前に再手術を行うことが必要になります。様子を見ていても改善しませんので、できるだけ早期に御相談頂くのが良いでしょう。

二重整形後の三重瞼の原因

二重整形後の三重瞼は、眼瞼挙筋の力が上眼瞼に伝わらない、不要な癒着が生じている、ラインが適切な位置に設定されていないなどの原因が考えられます。再手術は、それらを調整しながら再度二重のラインを作る必要があります。難易度の高い治療になります。

埋没法による三重瞼の修正

三重のラインが薄く、三重瞼の症状が軽い場合には、希望のラインを埋没法で強く固定することで、三重瞼を修正することが出来ます。どうしても切開したくないという方に適応する治療法です。この方法は、手技が簡単であるために安易に行われる傾向があります。埋没法で固定しても上のラインが消えない場合は何度も埋没法を繰り返しても無用なことが多く、切開法に移行しなければいけません。埋没法を何度も繰り返すと、その後に行われる切開法の難易度が非常に高くなってしまいます。そのことを十分理解して適応を決める必要があります。

切開法による三重瞼の修正

三重瞼を治療するためには、切開法が一般的な治療法になります。上方に生じた不要な癒着を解除し、希望する二重のラインを強く固定し、ラインが綺麗に出るように調整します。二重のライン設定が適切でない場合には、ラインの変更が必要になることもあります。手術中に何度も確認して、開眼状態を良好に調整します。

三重瞼修正のデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 傷が目立つことがあります。
  • 傷の赤みが続くことがあります。
  • 細菌感染を伴うことがあります。
  • 左右差が出ることがあります。
  • 眠そうな目に見えることがあります。
  • 不自然な二重になることがあります。

三重瞼修正のビフォーアフター症例写真

29歳、女性。三重瞼の修正

症例経過

2年前に他院で埋没法を行った症例です。術後、三重瞼になり老けて見られるので、修正を希望して仙台中央クリニックに御相談頂きました。診察したところ、埋没法によりライン設定をした上方に不要な三重のラインが生じていました。切開法により三重瞼の修正を行いました。三重のラインは消えて目がパッチリ開き、若返ることが出来ました。

症例解説

三重瞼は、本来のラインの上に不要なラインが生じ、顔の印象が悪くなる状態です。二重整形後にしばしば見られ、修正を希望される方から御相談を頂いています。どうしても切りたくないという場合は、埋没法で修正できる場合があります。しかし多くの場合、切開法で治療しています。前回の整形で生じた不要な癒着を剥がし、適切な位置にラインを設定することにより、三重のラインは消えて、顔の印象が良くなります。三重瞼の治療は左右差を認めるリスクがあります。術前に十分説明を受けてください。

27歳、女性。三重瞼の修正

症例経過

2年前に他院で二重埋没法を行った症例です。術後、三重のラインが出現して目が開き難くなったために、修正を希望して仙台中央クリニックに御相談頂きました。診察したところ、本来設定したラインの上に三重のラインが生じ、開眼障害を生じ眠そうに見えました。切開法により不要な癒着を剥がし、三重のラインを消しました。開眼状態が改善し、目が開くようになり、顔の印象が良くなりました。

症例解説

二重整形で設定したラインの上に、もう1本の三重のラインが生じることがあります。開眼障害が起こり眠そうな表情になります。埋没法で修正できる場合もありますが、多くの場合、切開法による治療が必要になります。三重のラインを剥離して解除させ、適切な位置にラインを設定することにより、三重のラインは消えて、目が開くようになります。三重瞼の修正は難易度の高い治療になり、左右差を認めるリスクがあります。術前に十分説明を受けてください。