目・二重

目頭目尻切開

眼瞼下垂

まぶたの弛みクマ

あご

エラ

脂肪吸引

バスト

乳頭乳輪

  1. HOME
  2. 治療内容
  3. 埋没法二重
埋没法二重

埋没法で二重作製は仙台中央クリニックへ

埋没法二重

埋没法は、上まぶたに糸を通して二重を作る手術です。手術時間は10分程度で、メスを使わないために人気があります。

埋没法で自分に似合った二重を作る

埋没法では、自分の顔に合う二重を作製することが出来ます。自然に変わることが出来ますので、まるで元々そうであったかのような二重を作製することが出来ます。

埋没法の種類

埋没法は、瞼板法と挙筋法の2種類に分類できます。瞼板法とは上まぶたの裏にある瞼板という硬い組織に糸を通して二重を作る方法です。安定的な効果が認められるため多くのクリニックで用いられています。挙筋法は上まぶたを持ち上げる眼瞼挙筋に糸を通して二重を作る方法です。挙筋法は、瞼板法と比較して大きな目を作りやすいというメリットがある反面、効果が不安定で、大きな腫れや左右差を生じるデメリットがあります。また修正が必要になった場合、挙筋法は難易度が高くなります。瞼板法と挙筋法は、目の状態や希望により、使い分けています。どちらが優れているとか、劣っているとかということはありません。

埋没法による無理な手術

埋没法は、上まぶたに糸を通して二重を作る簡単な手術です。その為、自由自在に二重を設定することは出来ません。切開法と比較して自由度には限界があるということを理解する必要があります。

埋没法で幅広二重を作りたい

埋没法では設定できるライン幅の太さには限界があります。その幅を超えてライン設定をしたい場合には、切開法が必要になります。またラインの内側だけ上げてほしい、外側だけ上げてほしいという希望は叶わないことがあります。

埋没法によるトラブル

埋没法は、美容外科手術の中で最も容易な手術ですが、何処でやっても、誰にやってもらっても変わらないという訳ではありません。近年、美容外科のすそ野が広がった為に、簡単に二重整形が受けられるようになりました。しかしトラブル症例が多く認められます。埋没法によるトラブルは比較的簡単に修正できることが多いのですが、状態によっては非常に難しくなることがあり注意が必要です。特に何度も埋没法を繰り返した場合の修正は、難易度が高くなり、稀に修正をお引き受けできないことがあります。

ワンランク上の埋没法でパッチリ目を作製

パッチリ目を希望する場合、目の状態により簡単にできることも有りますが、他の手術との組み合わせが必要になることもあります。モデルさんや芸能人の様なパッチリ目を作製しています。これからアイドルを目指す方に好評です。一般の方でも出来るだけ綺麗になりたい、抜き出た綺麗さを得たいというご希望に対して行っています。両目のバランスを見ながら、瞳を大きくすることが求められ、難易度が高い手術になります。

二重になったのに可愛くない

二重にはなったけれど可愛くなっていない、前の方が良かった、失敗したのではないか、と他院修正の御相談頂くことがあります。可愛くなっていないのには、何種類かの原因が考えられます。原因を明らかにして適切な修正を加えます。埋没法で修正が出来る場合もありますが、切開法が必要になることもあります。

埋没法のデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 埋没した糸の場所が膨らむことがあります。
  • 細菌感染を伴うことがあります。
  • 左右差を認めることがあります。
  • 糸が露出することがあります。
  • ライン幅が狭くなることがあります。
  • 一重に戻ってしまうことがあります。

埋没法によるパッチリ目作製ビフォーアフター症例写真

20歳、女性。埋没法二重

症例経過

一重で表情が暗いことを気にしていた症例です。明るく快活な印象になりたいと仙台中央クリニックに御相談いただきました。診察したところ、腫れぼったい一重で開眼状態が悪く眠そうに見えました。埋没法により二重を形成し、パッチリ目を目指しました。目が大きく開き、明るい表情になりました。

症例解説

一重で目の印象が暗い為に、アイプチ等で、お化粧を工夫している方は多くいらっしゃいます。プールや温泉に入れない、泊りに行けないなどデメリットのために、二重整形を考えられます。お化粧時間が短縮され、元々そうであったかのような自然なパッチリ目を作ることが出来喜ばれています。外出する時のお化粧が大変で時間が掛かり困っている場合には、二重整形を考えてみてください。埋没法は内出血のリスクがあります。術前に十分説明を受けてください。

21 歳、女性。埋没法二重

症例経過

目が小さい為にアイプチを使って、目を大きく見せていた症例です。上まぶたが伸びて皺になってきたので二重整形を考え、仙台中央クリニックに御相談頂きました。診察したところ、開眼状態は不良で、目が上がり難くなっていました。また上まぶたはアイプチによる皮膚炎を起こし、たるんで皺が付いていました。埋没法で二重を形成し、パッチリ目を作りました。目が開いて表情が快活になりました。

症例解説

アイプチで二重を作ることにより、目が大きくなるために利用している方は多くいらっしゃいます。しかし長期にアイプチを使っていると、上まぶたに皮膚炎を起こし、ガサガサになってしまいます。アイプチが止められないということであれば、二重整形を考えるのがお勧めです。比較的短時間で、アイプチから卒業することが出来、自然な二重が形成されます。埋没法は腫れのリスクがあります。術前に十分説明を受けてください。

13 歳、女性。埋没法二重

症例経過

眠そうな目がコンプレックスであった症例です。目をパッチリさせたくて、仙台中央クリニックに御相談頂きました。診察したところ、重い一重で目が小さく、眠そうに見えました。二重埋没法によりパッチリとした大きな目を作りました。元々そうであったかのような自然なパッチリ目になり喜んでいただきました。

症例解説

重い一重は、印象が暗くぼんやりした表情になります。毎日鏡を見て思い悩む方も多くいらっしゃいます。二重埋没法により、パッチリとした大きな目を作ることで、明るい表情になり、印象が良くなります。顔に合った二重になるために喜ばれています。埋没法は二重が緩むリスクがあります。術前に十分説明を受けてください。