目・二重

目頭目尻切開

眼瞼下垂

まぶたの弛みクマ

あご

エラ

脂肪吸引

バスト

乳頭乳輪

  1. HOME
  2. 治療内容
  3. 裏ハムラ法
裏ハムラ法

裏ハムラ法は仙台中央クリニックにお任せください

裏ハムラ法

裏ハムラ法とは、下まぶたの膨らみと窪みを目立たなくする手術法です。下まぶたの裏側の結膜を切開し、眼窩内から飛び出した脂肪の再配置を行います。目の下の膨らみが減り、脂肪の下の溝が目立たなくなります。

目の下の脂肪再配置

加齢により、下まぶたに眼窩脂肪が飛び出し、膨らみが出来ることがあります。目の下の膨らみに対する治療として、これまでは、飛び出した脂肪や弛んだ皮膚等を除去する手術が主流でしたが、この方法では目の下の窪みが目立ち、かえって老けた印象になることがありました。それを補う手術法として、脂肪を取るのではなく膨らんでいるところから窪んでいるところに脂肪を移動させる方法が考案されました。眼の下のふくらみが整い、若々しく張りのある目元を取り戻す事が可能です。

ハムラ法のメリットとデメリット

下まぶたのまつ毛の直下の目立たない部位を切開し、膨らんでいる部分の脂肪を窪んだ部分に移動させる方法をハムラ法と呼びます。弛んだ皮膚を切除することができる為に、同時に弛み取りが可能であるというメリットがあります。また膨らみが大きな場合でも、脂肪の操作が容易であり、膨らみが大きな場合にも対応出来る手術です。下まぶたを切開するために傷が目立つデメリットがあります。

裏ハムラ法のメリットとデメリット

下まぶたの裏側を切開し、膨らんでいる部分の脂肪を窪んだ部分に移動させる方法を、裏ハムラ法と呼びます。結膜側を切開する為に傷が見えないことが大きなメリットです。術野が狭いので手術操作が困難であることや、皮膚の弛み取りが出来ないので術後小皺が目立つデメリットがあります。大きく脂肪が飛び出している場合、脂肪の処理が出来なくなることが有り、膨らみや皮膚の余りが少ない方にお勧めの方法です。

裏ハムラ法のデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 下まぶたに皺が生ずることが有ります。
  • 下まぶたが弛むことが有ります。
  • 下まぶたの裏がゴロゴロすることが有ります。
  • 細菌感染を伴うことがあります。
  • 左右差が出ることがあります。
  • 下まぶたがひっくり返ることがあります。
  • 腫れが長期に続くことがあります。

裏ハムラ法ビフォーアフター症例写真

51歳、女性。裏ハムラ法、目の下の膨らみ取り

症例経過

目の下が膨らんでいて、老けて見えるようになった症例です。膨らみを目立たなくして若返りたいと仙台中央クリニックに御相談頂きました。診察したところ、眼窩内脂肪が下眼瞼に突出し、脂肪の下が溝になっていました。下まぶたの表面を切りたくないという御希望により、裏ハムラ法で、脂肪の飛び出しと窪みの修正を行いました。目の下のクマが目立たなくなりました。

症例解説

目の下のクマや膨らみがあると、老けて病弱に見えます。このような場合、目の下の膨らみを目立たなくして、印象を改善しています。裏ハムラ法は下まぶたの裏側、結膜側を切開して、目の下の膨らみと窪みを改善させる方法です。若返って、表情が優しくなります。裏ハムラ法は、腫れが長期に続くリスクがあります。

40歳、女性。裏ハムラ法、目の下の膨らみ取り

症例経過

目の下が膨らんで病弱に見えることが気になっていた症例です。膨らみを取って元気な印象になりたいと仙台中央クリニックに御相談頂きました。診察したところ眼窩内脂肪が下眼瞼に突出して膨らみを形成し、膨らみの下は窪んで溝になっていました。下まぶたを切りたくないということで、裏ハムラ法により目の下の脂肪再配置を行い、脂肪の飛び出しと窪みを修正しました。目の下のクマが目立たなくなりました。

症例解説

目の下のクマや膨らみの修正に対し裏ハムラ法が開発され、お問い合わせをいただいています。クマや膨らみは老けて病弱に見えるので、気にしている方が多いようです。裏ハムラ法により、目の下の脂肪再配置を行い、印象を改善することが出来ます。表面に傷がつかないので、ダウンタイムが短い利点があります。左右差を認めるリスクがあります。