目・二重

目頭目尻切開

眼瞼下垂

まぶたの弛みクマ

あご

エラ

脂肪吸引

バスト

乳頭乳輪

  1. HOME
  2. 治療内容
  3. 未婚女性の乳頭縮小
未婚女性の乳頭縮小

未婚女性の乳頭縮小は仙台中央クリニックにお任せください

未婚女性の乳頭肥大

未婚女性で妊娠出産の経験がなくとも、乳頭が肥大することがあります。妊娠出産授乳後に乳首が大きくなることは珍しいことではありませんが、未婚で妊娠の経験がないのに、乳首が大きくなると、コンプレックスを抱えることになります。人に見せられない、彼氏を作れない、温泉や旅行に行けない、プールで着替える時恥ずかしいと悩むこととなります。

乳首の平均的サイズと乳頭縮小

日本人の平均的な乳首の大きさは、直径が10ミリで、高さが9ミリと考えられています。胸が大きいと、乳首が大きくてもバランスが取れますが、胸が小さく乳首のみが大きいと乳首だけが大きく見えてしまいます。その為、乳頭縮小を行う際には、乳房の大きさを考慮して、バランス調整を行わなければなりません。

乳首が大きいとイメージが悪い

未婚で乳首が大きいのは、いわゆる個人差であることが多いのですが、妊娠や出産の経験があるのではないかと疑われたり、遊んでいるのではないかと見えたりすることから、イメージが悪く捉えられます。その為、乳首が大きいことをネガティブに感じ、乳首を小さくしたい、綺麗にしたいと希望されます。

乳首が大きく下を向いている

乳首のサイズが大きくなると、乳首の根元で折れ曲がり、乳首が垂れて下を向くことがあります。胸全体が劣化したように見え、強いコンプレックスを抱く方もいらっしゃいます。

乳首が長く伸びている

授乳の際には乳首が引っ張られますので、乳首が伸びることがありますが、授乳の経験がない未婚女性でも、乳首が長く伸びることがあります。授乳を経験したような劣化した胸に見えるため、治療を希望される方が多くいらっしゃいます。長い乳首を短くすることにより、胸が綺麗になり、若返ります。

乳頭縮小後に授乳したい

未婚女性は、今後授乳を行う可能性が高く、手術後に授乳可能かどうかを心配されます。乳頭縮小には、乳管を切開するため授乳が出来なくなる乳管切開法と、乳管を温存し授乳が可能な乳管温存法の2種類があります。乳頭縮小を行う未婚女性は、乳管温存法を選択されることをお勧めします。乳管温存法は、乳管切開法に比較し、手術の難易度が高いために、執刀医に手術前に治療後授乳が出来るかどうか確認してから、手術を依頼することが必要です。

乳頭縮小の他院修正

他院で乳頭縮小を行い、乳首の大きさが変わっていないのでもう少し乳首を小さくしたい、乳首が小さくなりすぎて乳房に埋まっている、傷が目立つ、乳首の形が不自然、などの理由で再手術を希望される方がいらっしゃいます。再手術が出来るかどうかは、状態によりますので、診察を受けていただくことになります。

未婚女性の乳頭縮小のメリット

乳首は根元から血液が供給されています。乳首の血液供給を考えて手術を行わないと、乳首が血流不全になることがあります。また乳頭を縮小することにより、乳頭周囲の神経が一部切れますので、乳頭周囲の感覚障害を生じることがあります。

未婚女性の乳頭縮小のリスク

乳頭は根元から血液が供給されています。血液供給を考えて手術を行わないと、乳頭が血流不全になることがあり注意が必要です。

未婚女性の乳頭縮小のデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 内出血を認めることがあります。
  • 細菌感染を伴うことがあります。
  • 腫れを生じることがあります。
  • 傷が目立つことがあります。
  • 乳首の感覚障害を認めることがあります。
  • 乳頭の血流不全を起こすことがあります。
  • 傷が離解することがあります。

未婚女性の乳頭縮小ビフォーアフター症例写真

42歳、未婚女性。乳頭縮小、乳頭肥大、乳頭下垂、乳頭左右差

症例経過

乳頭肥大、乳頭下垂、乳頭左右差の症例です。未婚で妊娠出産の経験はありませんが、乳頭が大きいため治療を希望して、仙台中央クリニックに御相談頂きました。診察したところ、乳頭は肥大して形が歪になっていました。乳頭の長さが伸びて根元で折れ曲がり下垂していました。今後の妊娠出産の可能性を考え、乳管温存法により乳頭縮小を行いました。乳首が綺麗になり、胸が若返りました。

症例解説

未婚女性で乳首が大きいことをコンプレックスに感じている方は多くいらっしゃいます。乳首が大きいと女性美の象徴である胸が劣化して見える為に、人に見せられないと悩まれます。彼氏が出来ない、温泉や旅行に行けない、プールで着替える時に恥ずかしいと感じることが多いようです。乳頭の大きさを小さくすることで、胸が若返り綺麗に見え喜ばれています。乳頭縮小は細菌感染のリスクがあります。術前に十分説明を受けてください。

37歳、未婚女性。乳頭縮小、乳頭肥大、乳頭下垂、乳頭変形

症例経過

乳頭肥大、乳頭下垂、乳頭変形の症例です。未婚で妊娠出産の経験はありませんが、乳頭が肥大し変形してきた為に治療を希望して、仙台中央クリニックに御相談頂きました。診察したところ、乳頭は肥大して形が不整形になっていました。また乳輪が引き伸ばされて乳首が下垂していました。乳管温存法により乳頭縮小を行いました。胸の大きさに合った乳首を作製して、胸が綺麗になり、若返りました。

症例解説

未婚女性で乳頭が大きい方は、妊娠の経験があると疑われたり、男性経験が豊富と決めつけられたりしたら困ると考え、治療を希望されます。乳頭縮小術で胸の大きさに合った乳首を作製することにより、乳房とのバランスが整い、胸全体が綺麗になります。美容面で改善するために安心して温泉や旅行に出かけることが出来るようになります。また乳頭を小さくすることで、精神的にも落ち着き、気持ちも若返ったと喜ばれています。乳頭縮小は血流不全のリスクがあります。術前に十分説明を受けて下さい。