目・二重

目頭目尻切開

眼瞼下垂

まぶたの弛みクマ

あご

エラ

脂肪吸引

バスト

乳頭乳輪

  1. HOME
  2. 治療内容
  3. ハーフ顔整形
ハーフ顔整形

ハーフ顔整形は仙台中央クリニックにお任せください

ハーフ顔

ハーフ顔を目指す方が増えています。平行型の幅広二重にして化粧映えする顔になりたいと希望されます。ハーフ顔、外人顔は上品で印象が良いので人気があります。

外人型二重

ハーフ顔の目は、幅の広い二重を作る必要があります。埋没法で幅広二重の作製が出来ない場合には、切開法を選択します。また西洋人は眉から目までの距離が近いので、眉と目を近付ける必要があります。

ハーフ顔の平行型二重

目頭から二重の出る平行型は目元が派手になるために人気があります。蒙古襞があると平行型になり難い為に、目頭切開を行い、蒙古襞の切除が必要です。蒙古襞を完全に切開することで、涙丘が見えるようになります。

ハーフ美女の目力

ハーフ美女に必要な特徴は目力の強さです。目力が強い方は、いるだけで雰囲気があり、知的に見えます。普通の会話をしただけなのに、妙に納得されてしまうような目力のパワーをハーフ美女から感じることが出来ます。

埋没法によるハーフ顔作製の限界

ハーフ顔整形は、幅広二重を作る必要があります。埋没法で無理な二重を作ると、ラインが戻ってしまったり、不自然になったり、頭痛や肩こり、眼痛などの違和感が生じることがあります。埋没法では、広い二重を作ることが無理な場合は、切開法が必要になります。

ハーフ顔整形

ハーフ美女にするためには、上品で印象の良い目を作る必要があり、通常の整形に比較し難易度の高い手術になります。目の状態によっては、複合的な整形が必要になることもあります。

ハーフ顔整形のデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 術後に内出血を認めることがあります。
  • 腫れを生じる場合があります。
  • 1週間は患部に刺激が当たらない様に過ごしてください。
  • アルコール類は包茎手術から1週間程度は控えてください。
  • その他の飲食に関しては特に制限はありません。
  • 治療後は患部を清潔に保つようにする必要があります。

ハーフ顔整形のビフォーアフター症例写真

22歳、女性。ハーフ顔整形

症例経過

上品で印象の良い二重を希望した症例です。ハーフ美女風の顔にしたくて仙台中央クリニックに御相談頂きました。診察したところ、二重は細く目が離れていて、ぼんやりした目に見えました。二重埋没法により二重幅を広げ、目頭切開により目を内側方向に切開して、目の横幅を広げました。幅広の二重ラインが作製され、目がパッチリ開きました。

症例解説

幅広で平行型ラインであること、目が離れていないことが、ハーフ顔美女の基本的な特徴です。どこをどのように治すと、ハーフ美女になれるかを診察した上で、整形の方針を立てることが重要です。方向性を誤ると不自然になってしまうことがあります。術中には何度も開閉眼を繰り返して、微調整を繰り返しながら、方向性に従い手術を進めていきます。その為には、腫れを最小限にして、手術を遂行する技術が必要です。難易度の高い治療になります。ハーフ顔整形は、左右差を認めるリスクがあります。術前に十分説明を受けてください。