目・二重

目頭目尻切開

眼瞼下垂

まぶたの弛みクマ

あご

エラ

脂肪吸引

バスト

乳頭乳輪

  1. HOME
  2. 治療内容
  3. 腹部脂肪吸引
腹部脂肪吸引

腹部脂肪吸引は仙台中央クリニックにお任せください

腹部脂肪吸引

腹部は脂肪吸引の希望でもっとも頻度が多い部位です。ウエストのフックが留まらなくなった、以前着ていた洋服が入らなくなったなどにより、腹部に脂肪が付いたことを実感して、脂肪吸引を希望される方もいらっしゃいます。

体重増加や運動不足により腹部が膨らんだ

不摂生な生活や深夜の飲食により簡単に腹部の脂肪は増加します。また運動不足により腹筋が緩むと腹部に脂肪が貯留しお腹が膨らみます。

ダイエットにより腹部の脂肪を減らす

一度ついた腹部の脂肪をダイエットで減らすのは大きな困難を伴います。ダイエットがきつくて失敗した、お腹の脂肪が減る前に胸が萎んでシワシワになったのでダイエットを中止せざるを得なかった、などにより挫折されることが多いようです。

腹部脂肪を脂肪吸引で減らす

腹部の脂肪を的確に減少させる方法は脂肪吸引です。手術になりますので多少の痛みやリスクを伴います。しかし麻酔から覚めてしまえば既に脂肪は減少していますので、自己努力はいりません。

腹部脂肪吸引で腹腔内脂肪は取れません

腹部脂肪には、皮下脂肪と腹腔内脂肪の2種類があります。皮下脂肪は皮下に貯留した摘まめる脂肪であり、腹腔内脂肪は腹腔に溜まった脂肪です。皮下脂肪は脂肪吸引で減らすことが出来ますが、腹腔内脂肪は脂肪吸引が出来ません。自分の腹部脂肪がどちらのタイプであるかは、医師に診察してもらえば簡単に分かります。

腹部脂肪吸引の手術法

腹部脂肪吸引は、多くの場合、臍の小切開から行います。傷はほとんどの場合で目立ちません。脂肪の付き方によっては、補助の吸引孔を追加することがありますが、ショーツに隠れる目立たない位置に切開を行います。止血剤入りの局所麻酔を注入し、脂肪を乳化して吸引し易くなった状態で吸引を行います。妊娠や劇太りなどで、皮膚が引き伸ばされている場合には、皮膚がダメージを受け皮膚のトラブルが生じることもあります。

腹部脂肪吸引による腹腔内臓器の損傷リスク

腹部脂肪吸引の最も大きなリスクは、腹腔内臓器の損傷です。脂肪吸引の操作の過程において腹腔内に吸引カニューレが入ってしまい、臓器損傷を起こすことがあります。腹部に帝王切開や盲腸の傷があると損傷の可能性が高くなります。腹腔内臓器損傷は致死的なダメージを起こすこともあり、腹部の脂肪吸引を引き受けてくれるクリニックは限定されます。

脂肪溶解注射を勧めるクリニックもあります

腹部脂肪吸引は、腹腔内臓器損傷などの重大なダメージをきたすことがあり、難易度の高い脂肪吸引です。その為、腹部脂肪吸引を行っていないクリニックも多く、腹部脂肪吸引を希望しても、脂肪溶解注射を勧められることがあります。脂肪溶解注射は、1回の料金は安くても10回以上の注射が必要になるために、結局は総計金額が高くなってしまうデメリットがあります。また脂肪溶解注射は根こそぎ脂肪を取ることが出来ない欠点があるため、良く考えた上で治療を選択する必要があります。

腹部の脂肪吸引のデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 血腫を伴うことがあります。
  • 細菌感染を伴うことがあります。
  • 腫れを伴うことがあります。
  • 皮膚の凹凸を認めることがあります。
  • 皮膚の陥没を生じることがあります。
  • 腹腔内臓器を損傷する可能性があります。
  • 腹部神経障害を認めることがあります。

腹部脂肪吸引のビフォーアフター症例写真

47歳、女性。お腹の脂肪吸引

症例経過

お腹の脂肪が気になっていた症例です。他院で脂肪溶解注射を勧められましたが、根こそぎ取って細くなりたかったので、脂肪吸引を希望して仙台中央クリニックに御相談頂きました。診察したところ、腹部全体に皮下脂肪が貯留しており、お腹が膨らんでいました。脂肪を根こそぎ減らすことにより、ウエストのクビレが出来、お腹がほっそりしました。術後写真として28日目の写真を掲載しました。この時点でまだ腫れが認められますが、経過と伴に腫れは改善します。

症例解説

お腹の脂肪吸引は難易度の高い手術です。腹腔内臓器の損傷のトラブルがあるために、脂肪吸引を行わないで脂肪溶解注射を勧める施設があります。脂肪溶解注射1回で20~30㏄の脂肪減少効果がありますが、脂肪の蓄積量が多い場合には20回以上脂肪溶解注射が必要になります。数回の注射では効果が分かり難いので脂肪溶解注射を諦めて脂肪吸引の御相談を頂くことがあります。脂肪吸引では蓄積している脂肪を1度に吸引できるため、効果が分かりやすいことが特徴です。1日で終わり日帰り可能です。お腹に多くの脂肪が蓄積している場合には、脂肪吸引を行うことをお勧めしています。お腹の脂肪吸引は腫れが続くリスクがあります。術前に十分説明を受けてください。